<   2012年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 28日

釧網本線(JR北海道)

撮影日時:2012年10月4日 9:00頃

釧網本線  日本最東端を走るローカル線で東釧路駅から網走駅まで166.2kmをジーゼル車両で運行。
b0268615_851257.jpg
  

北浜駅   オホーツク海に最も近い駅で鉄ちゃんに人気の赤い郵便ポストが似合う無人の駅舎。
b0268615_8103679.jpg


運賃表   駅舎内の壁や天井には、鉄ちゃんや観光客の名刺・メモが所狭しと貼られている中に
        白板の運賃表が掲げてあって、ローカル色をかもし出していた。
b0268615_8222572.jpg


ハマナスの花   北浜駅の隣の駅・原生花園駅(臨時駅)付近一帯が小清水原生花園で
            立ち寄ってみるとハマナスの花(花期6~8月)が1株が咲いていて歓迎してくれました。
b0268615_8433480.jpg


   明日から3日間 残り紅葉と晩秋の情景を撮影に裏磐梯に入りますのでブログの投稿は休みます。
        

by utsumifhoto | 2012-10-28 08:50 | 北海道 | Comments(4)
2012年 10月 27日

屈斜路湖

撮影日時:2012年10月6日

屈斜路湖
    北海道東部にある弟子屈町にある自然湖で阿寒国立公園に属する。
    日本最大のカルデラ湖で、謎の生物クッシーの棲む湖として一時期話題になった。
b0268615_6442026.jpg
b0268615_645114.jpg


釧路湿原
     タンチョウヅルで有名な鶴居村を訪れたが、道路から遠方の畑で餌を啄むタンチョウヅルを
     200mm望遠レンズでかろうじて捉えました。
b0268615_6553413.jpg
     

by utsumifhoto | 2012-10-27 06:59 | 北海道 | Comments(0)
2012年 10月 26日

紅葉の那須連山寸描

朝日岳-朝陽に照らされて紅葉が燃えているかのように見えた。
b0268615_773072.jpg


茶臼岳-噴煙を取り込んで秋の茶臼岳を撮影しました
b0268615_7141276.jpg


姥が平-茶臼岳を脇役に色彩に溢れる鮮やかな「錦秋」を撮影
b0268615_726691.jpg


by utsumifhoto | 2012-10-26 07:30 | | Comments(0)
2012年 10月 25日

摩周湖・神の子池

撮影日時:2012年10月5日

初秋の摩周湖
    日本一で世界ではバイカル湖についで2番目の透明度の高いカルデラ湖です。
    今回は、曇天のため摩周湖ブルーは捉えられませんでした。
b0268615_10205362.jpg

b0268615_10473633.jpg


神の子池 (北海道斜里郡清里町)
    摩周湖(キンタン・カムイ・トー「山の神の湖」)の伏流水を湛える池で、言い伝えで「神の子池」と
    呼ばれている。 伏流水の量 1日12,000トン・水温は年間通して8℃
b0268615_10483224.jpg


by utsumifhoto | 2012-10-25 10:36 | 北海道 | Comments(0)
2012年 10月 24日

知床五湖

撮影日時:2012年10月4日 17:00頃

知床硫黄山の一部が崩壊して岩石が大量になだれ落ちて、その集積地帯のくぼみに水が溜まり
出来たのが知床五湖で出入りする河川はなく地下水が湖を満たしている。

  知床一湖
b0268615_7343917.jpg

b0268615_740071.jpg

  

by utsumifhoto | 2012-10-24 07:43 | 北海道 | Comments(1)
2012年 10月 23日

世界遺産 知床

撮影日時:2012年10月4日 14:00頃

知床半島は数百年前に海底火山が噴出した溶岩からできていて、その上に羅臼岳や知床硫黄山の
噴火によって流れ出た溶岩流の跡が観察できる。
海岸線は、激しい波浪による浸食による海食崖が続いている。
b0268615_8555223.jpg
b0268615_857658.jpg
b0268615_8581995.jpg


by utsumifhoto | 2012-10-23 09:00 | 北海道 | Comments(1)
2012年 10月 22日

落 陽

撮影日時:2012年10月21日 16時50分頃
    我が家から見た夕陽と富士山の光景
b0268615_744534.jpg


by utsumifhoto | 2012-10-22 07:46 | | Comments(0)
2012年 10月 21日

道東の旅  滝シリーズ-Ⅲ

撮影日時:2012年10月4日

   カムイワッカ湯の滝 (落差20m 渓流瀑 斜里町)
     カムイワッカとは、「神(魔)の水」という意味。硫黄山から流れ下るカムイワッカ川の渓流瀑で
     硫黄分などの鉱毒を含んでいることからこの名があるという。
b0268615_7181453.jpg


   カムイワッカの滝 (落差30m 分岐瀑 斜里町)
     知床を代表する滝のひとつで、カムイワッカ湯の滝の下流であるが区別されている。
     海岸にかかる滝としては幅広の美しい流身をもっている。
     陸上からアクセスできないので小型観察船で海上から撮影。
b0268615_731433.jpg
b0268615_7314766.jpg


  計画では、小型観察船で知床岬まで行く予定でしたが、台風の影響でカムイワッカで折り返しとなり
  カシュニの滝を眺めることが出来ませんでした。

by utsumifhoto | 2012-10-21 07:41 | 北海道 | Comments(0)
2012年 10月 20日

道東の旅  滝シリーズ-Ⅱ

撮影日時:2012年10月4日 天候 曇  

   オシンコシンの滝 (落差50m 分岐瀑 斜里町)
     日本の滝100選 知床半島で一番大きい滝で、流れが2本あるため「双美の滝」とも
     呼ばれている。
     知床観光では、必ず訪れるポイントで、いつも観光客で賑わっている。
b0268615_6452048.jpg


   フレペの滝 (落差60m 潜流瀑 斜里町)
     断崖の途中から地下水が湧き出していて水量は少なく「乙女の涙」とも呼ばれている。
     フレペの滝遊歩道をたどって20分ほどで到着する。
b0268615_6555378.jpg


    湯の華の滝 (落差80m 潜流瀑 斜里町)
      湧き水が滲みだして落ちるいて、「乙女の涙」より勢いよく豪快に流れているため
      「男の涙」とも呼ばれている。 
      海上からしか見られないので観察船からの撮影で台風の影響で強風と船の揺れで苦労しました。
      
b0268615_725945.jpg


by utsumifhoto | 2012-10-20 07:10 | 北海道 | Comments(0)
2012年 10月 19日

道東の旅  滝シリーズ-Ⅰ

撮影日時:2012年10月1日 天候:雨  

   白髭の滝 (落差30m 潜流瀑  美瑛町)
b0268615_7285533.jpg
 

   銀河の滝 (落差104m 分岐瀑 上川町)
      末広がりになって白糸を垂らしたような流身を持つ優雅さから雌滝と呼ばれている
b0268615_7353290.jpg
 

   流星の滝 (落差90m 直瀑 上川町)
      太い1本の線となって流れ落ちる力強さから雄滝と呼ばれている。
      銀河の滝と寄り添っておちていることから夫婦滝の別名がある。
b0268615_7525836.jpg


                   滝の資料:写真家 北中康文著 日本の滝 東日本編(山と渓谷社)参照

by utsumifhoto | 2012-10-19 08:01 | 北海道 | Comments(0)