日々の風景

hutsumi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 30日

秋あかね

           秋あかね露に纏はれ夜明け待つ -秀ー

b0268615_7104495.jpg


by utsumifhoto | 2017-09-30 06:00 | フォト俳句 | Comments(2)
Commented by milk--love at 2017-09-30 11:47
utumifhotoさん こんにちは(*^-^*)
綺麗なお写真に一瞬時間が止まりました。
こんなにも美しいトンボを見たのは初めてです。
とともに、トンボがこうして夜明けを迎えていることなど
知る由もないありませんでした。
素晴らしい句と共に拝見すると、
静かな時の流れも感じ取ることができます。
ありがとうございます(*^-^*)
Commented by utsumifhoto at 2017-10-02 06:58
milk-loveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
この秋茜の出会いは裏磐梯の秋元湖に草紅葉の早朝撮影でした。草陰に光る物を感じそっとよっていくと夜露に覆われた
秋茜でした。この出会い感動し数カット撮影し、撮影仲間にも案内して共に感動した一シーンです。
秋茜は、夏の暑い時期は山で過ごし秋に平地に下りてきて
産卵するとして有名です。
秋茜は活動すると体温が気温よりも10~15°Cも高まるため30°C超すような平地では生きられないので、涼しい高地に移動する習性があります。


<< 鰯雲 (巻積雲)      上昇気流により鉛直方向に発達する積雲 >>